ムダ毛の除毛作業も大嫌い

あたしはこれ以上「痛み」を我慢したくありません。以前から痛いのは苦手で、ムダ毛の除毛作業も大嫌いです。毛を抜く度に痛さを味わい不満を募らせるのは精神的にも参ります。そんななのでムダ毛の処理を実行したくないとストライキをしています。だけど除毛してないと外を歩けないんですよね。長袖のシーズンはまあいいとして汗ばむ季節は露出が増えますからね。ですから仕方なくむだ毛ケアを実行することになります。これがともかく憂鬱で悩んでいます。痛さを伴うのがマジで辛いのです。それで脱毛施術するのが良いかなと思っているのですが、この施術だって結局「痛み」を感じるものなんですよね。どれくらいの痛みを味あわないといけないのかと思うとどうにも踏み出せません。痛さに辟易しているので脱毛したいけど、毛抜き以上の苦痛があるのかもと考えると迷ってしまうのです。ですがどう考えても毛の処理を続けていくのは嫌だから、美容脱毛をお願いしたいです。痛い思いをしないで脱毛するベストなやり方が知りたいですね。これ以上「痛み」を我慢したくないので、そのための脱毛処理を可能な限り無痛の脱毛方法で受けたいです。

あたしはムダ毛のお手入れが嫌いなのです。それは無駄毛の処理をすると皮膚が乾燥するからです。どういったお手入れをしても肌トラブルを起こすのである期間はムダ毛処理を諦めてしまったくらいです。むだ毛のお手入れ方法としてあたしはかみそりを使うことが多いです。刺抜きを使うところは眉毛を整えるくらいで、体のむだ毛はほぼ安全剃刀で剃っています。かみそりを使わずにムダ毛のお手入れをするとなると、除毛剤で毛を溶かすとか、毛をクルクルとこするというか摩擦して根元から切るなどというやり方があるけれど、自分はこれらのお肌を刺激しそうな方法はやりたくないのです。やっていてドキドキするし、むだ毛のお手入れが済んでもお肌がヒリヒリと痛むのはイヤです・・・。お肌が痛いと心配になってお風呂にも入れないし、ボディーソープで体を洗うこともビクビクします。お肌を刺激しそうなことをするとのちのち酷いことになるのです。だからかみそりをやさしく使ってむだ毛を処理しています。女性用剃刀をそっと肌の上を滑らせても時たま肌荒れすることもあり苦手なのです。

あたしはムダ毛のお手入れはカミソリでパパッとやっていますが、他の人は両脇の除毛をどんな方法でやっているのか、とても気になっています。キャミソールを身にまとい何の躊躇もなく腕をあげられる人は、脇の下が綺麗だという自負があるからかな。足とかひじ下などはカミソリで剃っても、あんまり支障はないのですが、脇のきれいな女の人ってやはり、サロンなどに訪れて、処理してもらっているのかしら。両わきは数日ももたずに、速攻で生え始めます。すると、ポチポチと黒いそり跡のある脇になります。薄着の季節はたえず剃刀でお手入れしていますが、これだと、処理の形跡がのこっちゃって、見た目がよろしくないのです。時間的余裕がある日には思い出したように毛抜きを使ったりもしますが、作業時間がすごい事になるし抜くときの姿勢も堪えるので、年に2,3回位しか出来ません。私は主婦なので、美容にかける金銭にも制限があり、カミソリでの処理になってしまいますが、あんまり安物でない自宅用脱毛器を使った美容脱毛はどんだけツルツルになるのか、更には、エステでの永続性のある脱毛処理はホントに二度と発毛してこないのか、してみたい気持ちはあります。